チッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジットの製造方法及び、優れた硬度及び靱性を有するチッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジット

開放特許情報番号
L2021000118
開放特許情報登録日
2021/1/29
最新更新日
2021/1/29

基本情報

出願番号 特願2019-094337
出願日 2019/5/20
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2020-189759
公開日 2020/11/26
発明の名称 チッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジットの製造方法及び、優れた硬度及び靱性を有するチッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジット
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 高硬度・強靱性を有したチッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジット及びその製造方法
目的 高硬度で、しかも、強靱性を有したチッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジット、及び、当該チッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジットの製造方法を提供する。
効果 緻密で、しかも、高い機械的特性を有するc−BN/PSZA系コンポジットを低コストにて製造することができ、高硬度と強靱性を同時に実現することができる。
技術概要
以下の工程A〜C:
工程A:ジルコニア(ZrO↓2)及びイットリア(Y↓2O↓3)としてのモル比率が97.0:3.0〜98.0:2.0であるイットリア部分安定化ジルコニア粉末と、アルミナ(Al↓2O↓3)粉末を80:20〜75:25のモル比率にて混合してなるイットリア部分安定化ジルコニア/アルミナ混合粉体を準備する工程、
工程B:立方晶チッ化ホウ素粉体を準備し、当該立方晶チッ化ホウ素粉体と、前記イットリア部分安定化ジルコニア/アルミナ混合粉体を30:70〜60:40の体積比率にて混合し、得られた混合粉体を冷間静水圧プレスにて成形する工程、及び
工程C:前記工程Bで得られた成形体を耐熱ガラス容器内に封入し、不活性ガス雰囲気下で熱間静水圧プレスにて焼結を行う工程
を含むことを特徴とするチッ化ホウ素/ジルコニア‐アルミナ系コンポジットの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT