添加物によるPET分解酵素の活性向上方法

開放特許情報番号
L2021000083
開放特許情報登録日
2021/1/18
最新更新日
2021/1/18

基本情報

出願番号 特願2019-505963
出願日 2018/3/9
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 WO2018/168679
公開日 2018/9/20
発明の名称 添加物によるPET分解酵素の活性向上方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 PET加水分解酵素を用いたPET樹脂の分解に関連する技術
目的 PETaseの活性を向上させる方法及びそのための試薬の提供。
効果 PETをある種の界面活性剤で処理し、界面活性剤をPET表面に付着させ、PETaseを作用させることにより、PETの分解効率を飛躍的に向上させることができる。
技術概要
以下の(a)又は(b)のPETaseをPETに作用させPETを分解するときに、界面活性剤を添加してPETase活性を向上させる方法:
(a)配列表の配列番号2又は4に表されるアミノ酸配列からなる芳香族ポリエステル分解酵素;又は
(b)配列表の配列番号2又は4に表されるアミノ酸配列において、1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、芳香族ポリエステル分解活性を有する芳香族ポリエステル分解酵素。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2021 INPIT