多極型液晶モータ

開放特許情報番号
L2021000053
開放特許情報登録日
2021/1/28
最新更新日
2021/1/28

基本情報

出願番号 特願2009-025695
出願日 2009/2/6
出願人 公立大学法人高知工科大学
公開番号 特開2010-183754
公開日 2010/8/19
登録番号 特許第5126746号
特許権者 高知県公立大学法人
発明の名称 多極型液晶モータ
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 多極型液晶モータ
目的 小型化しても製造が容易であり、しかも、効率よく回転力を発生させることができる多極型液晶モータを提供する。
効果 液晶分子の回転を拘束する配向膜を設けなくても液晶分子の回転を制御できるので、小型化しても製造が容易になる。液晶分子を拘束する配向膜を設けないので、液晶分子が回転したときに発生する液晶流動の流量を大きくできるから、軸状部材を効率よく回転させることができる。
技術概要
液晶分子の回転に伴って該液晶分子の周囲に発生する速度勾配に起因する液晶流動により作動されるモータであって、
中空な筒状部材と、
該筒状部材の中空な空間内に配設された軸状部材と、
該軸状部材の外面と前記筒状部材の内面との間に配設された液晶と、
前記液晶の液晶分子に対して電界または磁界を加えて、該液晶の液晶分子を、前記軸状部材の軸方向と交差する面内において回転させる液晶分子回転手段とからなり、
前記軸状部材は、
その中心軸周りに回転可能となるように、前記筒状部材の中空な空間内に配置されており、
前記液晶分子回転手段は、
前記軸状部材の軸方向と交差する方向に沿った電界または磁界を発生する複数の回転手段を備えており、
該複数の回転手段は、
発生する電界または磁界の方向が、互いに交差するように配設されている
ことを特徴とする多極型液晶モータ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT