ジスルフィラムを含むグループ2自然リンパ球(ILC2)の活性抑制剤

開放特許情報番号
L2021000021
開放特許情報登録日
2021/1/15
最新更新日
2021/1/15

基本情報

出願番号 特願2018-171424
出願日 2018/9/13
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2020-040924
公開日 2020/3/19
発明の名称 ジスルフィラムを含むグループ2自然リンパ球(ILC2)の活性抑制剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 ジスルフィラムを含むグループ2自然リンパ球(ILC2)の活性抑制剤、好酸球性炎症抑制剤、グループ2自然リンパ球(ILC2)関連疾患又は炎症性疾患の治療又は予防用の医薬組成物
目的 ILC2の活性を抑制することができる薬剤を開発する。
効果 以下の:
(1)ILC2の増殖及び/又は活性の抑制効果、
(2)サイトカイン産生抑制効果、
(3)Th2の低減効果及び/又は活性化の抑制効果、
(4)好酸球の遊走及び/又は活性化の抑制効果、
(5)ILC2関連疾患の抑制、改善、治療、及び/又は予防効果、
(6)好酸球性炎症の抑制、改善、治療、及び/又は予防効果、並びに
(7)炎症性疾患の抑制、改善、治療、及び/又は予防効果
のうちの少なくとも1の効果を発揮する。
技術概要
ジスルフィラムを含むグループ2自然リンパ球(ILC2)の活性抑制剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2021 INPIT