術後合併症予測方法、術後合併症予測プログラム及び術後合併症予測装置

開放特許情報番号
L2021000020
開放特許情報登録日
2021/1/15
最新更新日
2021/1/15

基本情報

出願番号 特願2018-185172
出願日 2018/9/28
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2020-057053
公開日 2020/4/9
発明の名称 術後合併症予測方法、術後合併症予測プログラム及び術後合併症予測装置
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 術後合併症予測方法、術後合併症予測プログラム及び術後合併症予測装置
目的 術後合併症の発生を高精度に予測する事。
効果 術後合併症の発生を高精度に予測する事が可能になる。
技術概要
コンピュータが、所定期間内に術後合併症が発生した第1のサンプルと前記術後合併症が発生していない第2のサンプルとの背景因子に基づいて構築された、前記術後合併症の発生の危険性を予測する予測モデルに従い、術前に計測された対象者の背景因子から前記対象者に前記術後合併症が発生する危険性を判定する判定工程と、
前記コンピュータが、前記危険性の判定結果を表示機器に表示する表示工程と、
を具備する術後合併症予測方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT