糖尿病性腎症の治療薬

開放特許情報番号
L2021000012
開放特許情報登録日
2021/1/15
最新更新日
2021/1/15

基本情報

出願番号 特願2019-056264
出願日 2019/3/25
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2020-158405
公開日 2020/10/1
発明の名称 糖尿病性腎症の治療薬
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 糖尿病性腎症の治療薬
目的 糖尿病性腎症の治療薬を提供する。特に、糖尿病性腎症早期に治療を行い、透析にいたるまでの時間を長く確保する、あるいは、透析導入にいたるのを抑制することのできる薬剤、及び投与方法を提供する。
効果 糖尿病性腎症早期に、短期間NMNを投与することにより、投与終了直後より糖尿病性腎症の改善・進行抑制が認められるだけでなく、その効果が投与終了後長期にわたって維持される。
技術概要
ヒトに対しニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)を有効成分として1日あたり10g以上100g以下で含み、
単期間用いられることを特徴とする糖尿病性腎症の治療薬。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT