ポリオレフィン系重合体並びにそれを用いた有機化合物の吸着、吸蔵、及び分離

開放特許情報番号
L2021000011
開放特許情報登録日
2021/1/15
最新更新日
2021/1/15

基本情報

出願番号 特願2020-056735
出願日 2020/3/26
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2020-163384
公開日 2020/10/8
発明の名称 ポリオレフィン系重合体並びにそれを用いた有機化合物の吸着、吸蔵、及び分離
技術分野 機械・加工、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポリオレフィン系重合体及びそれを用いた有機化合物の吸着、吸蔵、分離、及び透過
目的 液体状態の有機化合物を選択的に吸着、吸蔵、分離又は透過することができるポリオレフィン系重合体を提供する。
効果 液体状態の有機化合物を、その大きさに従って吸着、吸蔵、分離又は透過することが可能となる。
技術概要
X線回折で格子面間隔1.2nmから2nmまでの範囲に回折ピーク又はハローパターンを有する下記の式(I)で表される構成単位を有する重合体からなる、液体状態の有機化合物の分離材。
【化1】

(式中、Aは置換又は非置換のメチル基であり、Bは置換又は非置換のメチル基である。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT