パクリタキセル及びドセタキセルの側鎖前駆体の製造方法

開放特許情報番号
L2020002649 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2020/12/28
最新更新日
2021/2/22

基本情報

出願番号 特願2017-525638
出願日 2016/1/19
出願人 萬代 忠勝、塩水港精糖株式会社
公開番号 WO2017/006573
公開日 2017/1/12
登録番号 特許第6205530号
特許権者 萬代 忠勝、塩水港精糖株式会社
発明の名称 パクリタキセル及びドセタキセルの側鎖前駆体の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 パクリタキセル及びドセタキセルの側鎖前駆体の製造方法
目的 高純度、高収率かつ安価にパクリタキセル及びドセタキセルの側鎖前駆体を提供する。また、こうして得られる側鎖前駆体を用いて、抗癌剤として有用とされるパクリタキセル及びドセタキセルを提供する。
効果 高純度、高収率かつ安価にパクリタキセル及びドセタキセルの側鎖前駆体を提供することができる。こうして得られる側鎖前駆体を用いて、抗癌剤として有用とされるパクリタキセル及びドセタキセルを提供することができる。
技術概要
 
下記式(3):
【化7】

で示される化合物を得ることを特徴とする式(3)で示される化合物の製造方法。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 

アピール情報

アピール内容  今回発明したパクリタキセル及びドセタキセル用側鎖前駆体カルボン酸の合成は8工程であり、室温から110℃で、カラムクロマトを使用せずに高純度、高収率で安価に、毒性の高い試薬、金属も使用しないので安全に提供できます。
本前駆体と原料として10-DABVを使用するとドセタキセルの合成は4工程で総収率は60-70%、パクリタキセルは5工程、総収率は70%となり、精製工程でカラムクロマトは使用しないので安価で容易に合成できます。

登録者情報

登録者名称 塩水港精糖株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT