映像処理システム及び映像処理装置

開放特許情報番号
L2020002635
開放特許情報登録日
2020/12/25
最新更新日
2020/12/25

基本情報

出願番号 特願2018-219927
出願日 2018/11/26
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2020-088591
公開日 2020/6/4
発明の名称 映像処理システム及び映像処理装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 映像処理システム及び映像処理装置
目的 作業者にカメラ等の重い電子デバイスなどの付帯物を装着させずに、作業者の一人称視点映像などの空間環境を記録することが可能な映像処理システム及び映像処理装置を提供する。
効果 作業者に重い電子デバイスを装着させるなど、映像観察点に撮像機器を配置すること無く、任意の空間点からの視野映像を生成することが出来、作業者の一人称視点映像などを記録することができる。
技術概要
任意の対象を反射する反射体と、
前記反射体によって反射された任意の対象を撮影可能なカメラと、
前記カメラから直接撮影可能な位置に存在する第一マーカと、
前記反射体によって反射した鏡像が前記カメラから撮影可能である第二マーカと、
前記カメラが出力する映像データに存在する前記第一マーカの位置から空間を把握すると共に、前記映像データから前記反射体の映像部分を切り出し、前記反射体の映像部分に含まれる前記第二マーカの形状から前記反射体によって生じた歪みを把握して、前記反射体の映像部分を平面状態に補正する映像処理装置と
を具備する、映像処理システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT