口内電気味覚提示装置

開放特許情報番号
L2020002605
開放特許情報登録日
2020/12/18
最新更新日
2020/12/18

基本情報

出願番号 特願2018-108727
出願日 2018/6/6
出願人 学校法人明治大学
公開番号 特開2019-212799
公開日 2019/12/12
発明の名称 口内電気味覚提示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 口内電気味覚提示装置
目的 口内で電気を供給可能であって、利用可能時間が長い口内電気味覚提示装置を提供する。
効果 口内で電気を供給可能であって、利用可能時間が長い口内電気味覚提示装置を提供できる。
技術概要
圧電素子と、
前記圧電素子に接続された第1味覚電極と、
前記第1味覚電極とは絶縁状態で前記圧電素子に接続された第2味覚電極と、
を備え、
前記第1味覚電極及び前記第2味覚電極の少なくとも一方の電極はユーザの味覚器に接触可能に構成されていることを特徴とする口内電気味覚提示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 明治大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT