自転車・チェアスキーの、衝撃静止装置。

開放特許情報番号
L2020002590
開放特許情報登録日
2020/12/14
最新更新日
2020/12/14

基本情報

出願番号 特願2020-143029
出願日 2020/7/15
出願人 大浦 ▲昇▼次郎
公開番号 特開2020-196445
公開日 2020/12/10
発明の名称 衝撃静止装置
技術分野 機械・加工、輸送、生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 自転車・チェアスキー
目的 自転車を、お尻の痛くならない、快適な乗り物にする目的。
チェアスキーも、動物に乗ったような乗り心地にする目的。
柔らかい、クッション作用から、変位量が変化して強く成る作用から、
想像を絶する振動も、静かに止て、お尻、首、肩、腕、腰などに、痛みを与えない目的。
効果 自転車のサドルが、常に水平を保ち、快適なクッション効果を発揮する。
自転車に乗る、ほぼ全ての人が、お尻の痛く成るのを我慢しています。
お尻の痛くならない、シートポストは、自転車の歴史を変えます。
電動アシスト自転車には、快適な乗り心地が、効果を発揮します。
技術概要
衝撃で、上下運動する、曲面を、移動する、2ツのボールベアリングを、横方向に引っ張る、半円型の引きバネからなる、衝撃静止装置。
反発力の変位置が、ゼロから変化して、強く成り、凄まじい衝撃を受けても、ベアリングは、曲面の途中で、半円型の引きバネに、引き止められて、静かに止まり、反比例する反発力も、静かに戻る作用と、効果が特徴。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大浦 昇次郎

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT