低分子化合物クプリゾンおよびその誘導体による体脂肪量減少効果

開放特許情報番号
L2020002582
開放特許情報登録日
2021/5/11
最新更新日
2021/7/28

基本情報

出願番号 特願2019-215470
出願日 2019/11/28
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 特開2021-084889
公開日 2021/6/3
発明の名称 低分子化合物クプリゾンおよびその誘導体による体脂肪量減少効果
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 クプリゾンおよびその誘導体を含む、体脂肪量を減少させるための医薬組成物
目的 骨格筋量を減少させることなく、体脂肪量を減少させる薬剤を提供する。
効果 骨格筋量を減少させることなく、体脂肪量を減少させることができる医薬組成物が提供される。したがって、従来の抗肥満薬を用いてメタボリックシンドローム等の疾病を治療する場合に問題となる骨格筋量の低下を防ぐことができる。
技術概要
式(I):
【化1】

(I)

[式中、AおよびBはそれぞれ独立して3〜8員の飽和炭素環であり、R↓1およびR↓2はそれぞれ独立して水素またはC↓(1−6)アルキルであり、2個のカルボニル基の酸素は互いに結合して、あるいは1個または2個のメチレンと一緒になってジオキセタン、ジオキソランまたはジオキサンを形成してもよい]
で示される化合物を含む、体脂肪を減少させるための医薬組成物。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT