魚介類の処理方法

開放特許情報番号
L2020002565 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2020/12/9
最新更新日
2020/12/9

基本情報

出願番号 特願2016-175268
出願日 2016/9/8
出願人 喜満フーズ有限会社
公開番号 特開2018-038327
公開日 2018/3/15
登録番号 特許第6363671号
特許権者 喜満フーズ有限会社
発明の名称 魚介類の処理方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 凍結保存による魚介類の処理方法
目的 魚介類の旨味を増すとともに鮮度維持ができ、寿司ネタとして用いるのに最適な魚介類の処理方法を提供する。
効果 魚介類の旨味を増すとともに鮮度維持ができ、とくに寿司ネタとして最適な魚介類の処理方法となっている。
技術概要
魚介類を海水と同程度の塩分濃度からなる氷温域のシャーベット状の氷内で5〜13時間浸漬しておく熟成工程と、
前記熟成工程を経た前記魚介類を酸性電解水と真水で洗浄する洗浄工程と、
庫内に静磁場を形成する静磁場形成手段と、庫内に電波を発信する電波発信手段と、を備えた凍結機を用い、前記洗浄工程を経た前記魚介類を−30℃以下の庫内にて急速冷凍する急速冷凍工程と、
からなることを特徴とする魚介類の処理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT