大規模感染・感染爆発に対応する医療用紫外線照射機

開放特許情報番号
L2020002564
開放特許情報登録日
2020/12/15
最新更新日
2020/12/15

基本情報

出願番号 特願2020-202347
出願日 2020/12/6
出願人 石原 浩行
発明の名称 大規模感染・感染爆発に対応する医療用紫外線照射機
技術分野 電気・電子、機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、洗浄・除去、安全・福祉対策
適用製品 医療用紫外線照射機、感染対策機器
目的 医療機関において、より効果的効率的な感染対策が求められる。大規模感染や感染爆発に対応できる機器を要する。
効果 より効果的効率的な感染対策を大量且つ迅速に行うことが可能となる。
技術概要
医療用として身体や身の回り品に紫外線を照射する感染対策目的の機器である。身体、衣類、寝具、関連する身の回り品に対して、一斉に紫外線を照射することで、より効果的効率的な感染対策を図るものである。紫外線照射灯、カバー、スイッチ、出力調整具、安全装置、電源コード、持ち手部、固定具等から成るもの。本機器は、手に持って照射するタイプ、ベッドごと照射するタイプ、BOXタイプ等の多様な形状形態を想定する。なお、大規模感染・感染爆発に対応できるものとして、より多くの患者に迅速に照射することが出来る仕様を想定するものである。【図1】は「手に持って照射するタイプ」の例を示す。【図2】は使用の流れを示す。【図3】は「ベッドごと照射するタイプ」の例を示す。【図4】は「BOXタイプ」の例を示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 医療用であることに留意。

アピール情報

導入メリット 【新規参入】
改善効果1 【手に持って照射するタイプ】身体、衣類、寝具、関連する身の回り品に対して、一斉に紫外線を照射することで、より効果的効率的な感染対策を図るものである。紫外線照射灯は複数本を内蔵する。
改善効果2 【ベッドごと照射するタイプ】患者、操作者、周囲スタッフ、医療機器の防護、注意喚起等を行ったうえで、次々と照射していく、効率性をやや重視した感染対策を図るもの。
改善効果3 【BOXタイプ】1人ずつ入るBOXであり、紫外線照射灯が身体の全体を照射するように動くものであり、照射対象者は立っているだけの状態で照射が出来る。効率性をやや重視した感染対策を図るもの。
アピール内容 大規模感染や感染爆発に対応できる機器を想定。使用に当たっては、患者や家族の説明と同意、院内でのマニュアルや内規も必要になることが想定されます。

登録者情報

登録者名称 石原 浩行

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
追加情報 急ぎ事案
Copyright © 2020 INPIT