クルパウ樹皮成分配合治療薬

開放特許情報番号
L2020002562
開放特許情報登録日
2020/12/21
最新更新日
2020/12/21

基本情報

出願番号 実願2013-003127
出願日 2012/1/26
出願人 堀本 邦男
登録番号 実用第3185396号
特許権者 堀本 邦男
発明の名称 クルパウ樹皮成分配合治療薬
技術分野 化学・薬品、生活・文化
機能 その他
適用製品 クルパウ樹皮成分配合治療薬
目的 水虫や皮膚にできるデキモノや腫れ物等の皮膚病の患部に塗布することにより、角質内に薬の成分が浸透し、水虫を根治しその他の皮膚病を治療することが可能な治療薬を提供する。さらに内服することで胆石による痛みなどの内臓系疾患に対しても治療効果を有する治療薬を提供する。
効果 外用薬を数回塗布することにより、水虫が1週間で根治し、その他の皮膚病も数日〜1週間ほどで根治、改善した。
内服薬を1日1回内服することにより、胆石による痛みが数日〜10日ほどで軽減され、また皮膚のほくろによる痛みも和らいだ。
技術概要
 
皮膚や角質を柔らかくし、白癬菌などに薬効を有するクルパウの樹木の皮を主成分としており、樹木を粉末状に加工していることから足などの硬くて厚い角質にも深く浸透しやすくなる。またアルコール溶液に混ぜ合わせることで長期保存を可能にしている。アルコールに焼酎を用いることでさらに内服可能となった。内服用としてはさらにはちみつを添加する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【新規参入】
改善効果1 対応疾患が多いため販売に寄与できる
アピール内容 外用薬として、薬の成分が角質内に浸透することにより、根治が難しいといわれる水虫にも効果があります。
内服薬として、胆石や大腸ポリープによる痛みなどの内臓系の疾患にも治癒作用があります。


量産仕様、特殊仕様のノウハウに関しましては可能な限り提供いたします。

登録者情報

登録者名称 内山国際特許事務所

技術供与

マニュアルの開示 【有】
マニュアル1 提供可能です
サンプルの開示 【有】
サンプル1 提供可能です

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
Copyright © 2020 INPIT