病理検査等に於いて、作業者等が検体処理過程で発生するホルマリンミストに曝露されることなく、且つ、検体の乾燥を抑制若しくは促進するプッシュプル機構を具備したエアカーテン付作業テーブル

開放特許情報番号
L2020002500
開放特許情報登録日
2020/11/27
最新更新日
2020/11/27

基本情報

出願番号 特願2012-098360
出願日 2012/4/24
出願人 株式会社セフテック
公開番号 特開2013-226472
公開日 2013/11/7
登録番号 特許第5207563号
特許権者 株式会社セフテック
発明の名称 エアカーテン付き作業テーブル
技術分野 機械・加工、その他
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 病理検査機関(室)、研究所等の病理解剖に於いて、検体の処理過程などで使用できる、使用者等の健康障害防止に寄与するフード
目的 検体処理過程に於いて、テーブル上でホルマリンミストが拡散し、使用者等の健康障害を招く恐れがあり、処理中に検体が外乱気流に触れ乾燥し、作業に支障が生じることがある。
 これらの事象を解消する、エアカーテン付作業テーブルを提供する。
効果 作業時、テーブルの作業面と略平行な透明カーテンを手前に固定することにより、外乱気流の侵入を防止する。側方と下方の両排気により効果ある捕集ができ、検体の処理過程で発生するホルマリンミストの室内への漏出防止、使用者等の健康障害防止に寄与することが大である。また、側方の吹出気流方向を切換えることにより、検体の乾燥を抑制及び促進ができる
 さらに、前記カーテンの位置を戻すことにより、作業テーブル上への容器の搬入、搬出、清掃等が容易に行える。
技術概要
水平な作業テーブルの略全面に着脱可能な多孔板を設置、作業テーブルの長手方向の一方の端部にプッシュチャンバー、相対する端部に前記プッシュチャンバーと略等しい幅のプルチャンバーを備える。作業テーブルの開口面に対向する端部に側壁を設け、前記多孔板下面と底面上面との間に空間を形成する。前記空間に上向の複数の排気口を設置、プル排気と多孔板下部の排気は、各々流量調整ダンパを介して空気浄化装置に連通してある。
 さらに、作業面上部空間への外乱気流の侵入防止、テーブル面上での検体処理過程で発生するホルマリンミスト含有空気が、室内に漏出するのを防止するため、作業面上部に、略作業面と同じ大きさの透明な伸縮できるロールカーテンを付設していることを特徴とするロールカーテン付作業テーブル。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 「効果」に記載した機能を具備した本フードに、ホルマリン処理剤の劣化状態が外部より可視できる処理装置を付設した作業テーブルの納入実績が有ります。
 又、ユーザーの要望に呼応し、前記作業テーブル上にホルマリン廃液口(微小口径バスケット付)を設け、前記作業テーブル下部に廃液収納容器を収納、前記容器口元から漏出するホルマリンミストを排気、処理装置に連通した作業テーブルの納入実績も有ります。
 本特許にご関心がありましたら、特許権譲渡若しくは特許権実施許諾等について協議の上決定したいと思います。メール若しくはFAXにてご連絡下さい。
(関連特許有り)

登録者情報

登録者名称 株式会社セフテック

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特許 第4435099号
登録番号2 特許 第5110443号
登録番号3 特許 第5721554号
登録番号4 特許 第6112979号
登録番号5 特許 第6192057号
その他 6件以上 【有】
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
追加情報 各種フード等を設置する場合、各々申請書が必要です。本機能を持つフードを設置する場合、特例許可申請が必要です。当社にて申請手続きができます。
Copyright © 2020 INPIT