移乗支援装置、移乗支援装置の制御方法

開放特許情報番号
L2020002453
開放特許情報登録日
2020/11/23
最新更新日
2020/11/23

基本情報

出願番号 特願2008-325715
出願日 2008/12/22
出願人 トヨタ自動車株式会社
公開番号 特開2010-142562
公開日 2010/7/1
登録番号 特許第5206393号
特許権者 トヨタ自動車株式会社
発明の名称 移乗支援装置、移乗支援装置の制御方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 移乗支援装置および移乗支援装置の制御方法
目的 迅速かつ安全に乗り移り動作を支援できる移乗支援装置およびその制御方法を提供する。
効果 移乗動作の一連のすべての過程で被介護者の安全が確保できる軌道内に自動的に制御される。被介護者ごとの安全軌道が求められ、個別の対応が図られる。介護者などの操作者が特別な微調整をしなくても被介護者の乗り移り動作を円滑に支援することができる。そして、急ぐ場合であっても迅速かつ安全に移乗動作を行うことができる。
技術概要
被介護者の乗り移り動作を支援する移乗支援装置であって、
移動可能な台車部と、
水平回転および傾動可能であって基端が台車部に取り付けられたアーム部と、
アーム部の先端に取り付けられた身体保持具と、
台車部およびアーム部を駆動させる複数の駆動手段と、
被介護者ごとの個人データを入力するための入力装置と、
駆動手段を駆動制御する制御部と、を備え、
身体保持具は、胸部サポート部を有しており、
制御部は、
個人データ記憶部と、
駆動手段を制御する安全軌道制御部と、を備え、
被介護者の個人データには、疾患部位とその症状の情報を含み、
安全軌道制御部は、
腹部または胸部に疾患を持つ被介護者の移乗支援を行うにあたって、
はじめ、被介護者が身体保持具につかまれるようにアーム部の先端を下げ、
次に、被介護者を持ち上げるようにアーム部の先端を起こす際に、胸部サポート部の被介護者に当接する面が鉛直方向に対してなす角度が所定のリミットを超えないように制御しつつ、台車部を前進させる
ことを特徴とする移乗支援装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 この装置は、自分の力での立ち上がる事が困難な要介護の方に対するの移乗介助をアシストします。従来の介助方法は、介助者が人手で持ち上げるか、介護リフターでスリングシートに包んで持ち上げて移乗させていましたが、この装置では、より負担が少なく簡単に介助作業をすることが出来ます。

登録者情報

登録者名称 トヨタ自動車株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT