廃電子基板からの金属の回収方法

開放特許情報番号
L2020002448 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2020/11/20
最新更新日
2020/11/20

基本情報

出願番号 特願2014-046258
出願日 2014/3/10
出願人 鳥取県
公開番号 特開2015-025194
公開日 2015/2/5
登録番号 特許第6369797号
特許権者 鳥取県
発明の名称 廃電子基板からの金属の回収方法
技術分野 金属材料、機械・加工
機能 検査・検出
適用製品 廃電子基板から多様な種類の金属を回収する方法
目的 廃電子基板から、レアメタル、貴金属、その他の金属などの種々の金属を効率的に回収することができる方法を提供する。
効果 廃電子基板とガラスの少なくとも一方に含まれる金属を効率的に回収することができる。
技術概要
廃電子基板をガラスと共に溶融することによってガラス相と、前記廃電子基板と前記ガラスの少なくとも一方に含まれる金属に起因する金属相を形成する溶融工程と、
前記ガラス相から前記金属相を分離して回収する金属回収工程と、
前記ガラス相を酸溶液と接触させる酸抽出工程とを備え、
前記ガラス相は、シリカを主成分とする第一相と、第一相よりも酸溶液に対する溶解度が高い第二相を含み、
前記酸抽出工程では、前記第二相をその中に含まれる残留金属と共に前記酸溶液に溶解させ、前記残留金属が溶解した前記酸溶液を回収する、廃電子基板からの金属の回収方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2020 INPIT