透析装置、制御装置、流路構造体、流路形成方法、制御プログラム、および記録媒体

開放特許情報番号
L2020002433
開放特許情報登録日
2020/11/18
最新更新日
2020/11/18

基本情報

出願番号 特願2018-190425
出願日 2018/10/5
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2019-069149
公開日 2019/5/9
発明の名称 透析装置、制御装置、流路構造体、流路形成方法、制御プログラム、および記録媒体
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 透析装置、制御装置、流路構造体、流路形成方法、制御プログラム、および記録媒体
目的 透析カラムが有する透析膜の寿命を延ばすこと、または患者からの脱血量を低下させた場合でも透析を行うことができる透析装置を実現する。
効果 透析カラムが有する透析膜の、流体による洗浄効果を高めることができ、透析膜の寿命を延ばすことができる。または、患者からの脱血量を低下させた場合でも透析膜に対する洗浄効果を維持し、透析を行うことができる。
技術概要
血液を透析する透析カラムと、
患者の血液を前記透析カラムに供給する第1流路と、
前記透析カラムによって透析された透析後血液を前記患者に還流させる第2流路と、
流体を前記透析カラムに供給する第3流路とを備えている透析装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡については協議します

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT