制振ダンパ

開放特許情報番号
L2020002408
開放特許情報登録日
2020/12/2
最新更新日
2020/12/2

基本情報

出願番号 特願2017-115916
出願日 2017/6/13
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 特開2019-002441
公開日 2019/1/10
発明の名称 制振ダンパ
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 振動エネルギーを吸収して制振対象物の振れを低減するための制振ダンパ
目的 所望の比剛性及び振動減衰比にチューニング設計可能な制振ダンパを提供する。
効果 制振ダンパの性能を広範囲にチューニング可能である。また、高分子構造体の材料物性を設計することにより、所望の振動減衰性を実現できる。
技術概要
制振対象物の振動特性及び用途に合わせて異方剛性設計された金属構造体と、
所定の振動数範囲で所定の振動減衰性を示す高分子材料よりなる高分子構造体と
を複合した制振ダンパ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT