シングルキャリア方式の送信装置及び受信装置、並びに送信方法、受信方法、及び伝送フレーム構成方法

開放特許情報番号
L2020002385
開放特許情報登録日
2020/11/16
最新更新日
2020/11/16

基本情報

出願番号 特願2016-126489
出願日 2016/6/27
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2018-006796
公開日 2018/1/11
登録番号 特許第6718320号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 シングルキャリア方式の送信装置及び受信装置、並びに送信方法、受信方法、及び伝送フレーム構成方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 周波数領域でのチャネル等化を可能とするシングルキャリア方式の送信装置及び受信装置、並びに送信方法、受信方法、及び伝送フレーム構成方法
目的 所定の伝送パラメータで変動する信号伝送量に対し最大伝送効率となる態様で、TSパケットの数、及びデータフレームの数が整数個となるよう1スーパーフレームを構成して伝送可能とし、周波数領域でのチャネル等化を可能とするシングルキャリア方式の送信装置及び受信装置、並びに送信方法、受信方法、及び伝送フレーム構成方法を提供する。
効果 周波数領域でのチャネル等化を可能とするシングルキャリア方式の無線伝送システムにおいて、TSパケットの数、及びデータフレームの数が整数個となり、尚且つ伝送パラメータ(ここでは、FFTサイズ、GI比及び符号化処理)で変動する信号伝送量に対し最大伝送効率となるよう1スーパーフレームを構成するため、伝送効率及び受信側での処理効率のバランスの優れた伝送が可能となる。
技術概要
周波数領域でのチャネル等化を可能とするシングルキャリア方式の送信装置であって、
TSパケットを周波数領域でのチャネル等化を可能とするシングルキャリア方式の無線伝送により送信する際に、所定数のシングルキャリア方式のSC−FDEフレームで1スーパーフレームを構成するとともに、所定数のSC−FDEブロックで前記SC−FDEフレームを構成し、所定数のTSパケットで構成されるデータフレームのデータシンボルを前記1スーパーフレーム内の当該SC−FDEブロックの各々に割り当てるときに、前記1スーパーフレームあたりの前記データフレームの数を整数個とするとともに、所定の伝送パラメータで変動する信号伝送量に対し最大伝送効率となるよう割り当てることにより、前記スーパーフレームに基づく伝送フレームを構成する伝送フレーム構成手段と、
前記スーパーフレームを用いて前記TSパケットを伝送するよう構成した無線周波数信号を送信する送信手段と、
を備えることを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT