伝熱促進用3次元立体素子および該素子を伝熱管内部に挿入した熱交換器。

開放特許情報番号
L2020002304
開放特許情報登録日
2020/10/30
最新更新日
2020/10/30

基本情報

出願番号 特願2019-017535
出願日 2019/2/2
出願人 酒井 昭二
公開番号 特開2020-125864
公開日 2020/8/20
発明の名称 伝熱促進用3次元立体素子および該素子を伝熱管内部に挿入した熱交換器。
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 熱交換器の管側伝熱促進3次元立体素子
目的 管内壁と接触するループワイヤーにテグスを用いた小口径伝熱管に挿入容易な伝熱促進用3次元立体素子の構造とその製造方法を提供することにより、該素子を装着した高効率小型多管円筒式熱交換器の構成を達成する。
効果 地球温暖化防止に向けて省エネルギー技術の開発が望まれているが、低温排水からの高効率熱回収技術が望まれており、本発明の伝熱促進用3次元立体素子を装着した熱交換器は、多大の寄与をするものと期待される。
技術概要
テグスから成るプラスチック製スパイラルループの内部に通された金属製芯ワイヤーが2つ折りにされ、さらに捩じられることによって、固定されている伝熱促進用3次元立体素子。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 酒井 昭二

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT