膵癌の予後マーカー、膵癌の予後診断キット及び膵癌の予後を予測するための方法

開放特許情報番号
L2020002302
開放特許情報登録日
2020/10/30
最新更新日
2020/10/30

基本情報

出願番号 特願2019-532425
出願日 2018/6/11
出願人 国立大学法人高知大学
公開番号 WO2019/021654
公開日 2019/1/31
発明の名称 膵癌の予後マーカー、膵癌の予後診断キット及び膵癌の予後を予測するための方法
技術分野 情報・通信、有機材料
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 膵癌患者の“予後”を予測できる癌マーカー、当該マーカーを検出するための膵癌の予後診断キット、並びに、膵癌の予後を予測するための方法
目的 高い感度と特異性を有し、且つ、膵癌患者の“予後”を予測できる癌マーカーを提供する。
効果 高い感度と特異性を有し、且つ、膵癌患者の“予後”を予測できる癌マーカーが提供される。
技術概要
タンパク質ITGB1と、
タンパク質PODXL及び/またはタンパク質BCL7Bとの組み合わせ、を含むことを特徴とする膵癌の予後マーカー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT