細胞遊走調節に関する疾患の予防・治療剤および肺間質の疾患の疾患活動性判定・予後評価

開放特許情報番号
L2020002298
開放特許情報登録日
2020/10/30
最新更新日
2020/10/30

基本情報

出願番号 特願2020-030643
出願日 2020/2/26
出願人 国立大学法人高知大学
公開番号 特開2020-095046
公開日 2020/6/18
発明の名称 細胞遊走調節に関する疾患の予防・治療剤および肺間質の疾患の疾患活動性判定・予後評価
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 食品・飲料の製造、検査・検出
適用製品 細胞遊走(細胞浸潤も含む)の調節剤、細胞遊走に関する疾患の予防・治療剤、並びに細胞遊走に関する疾患予防・治療薬のスクリーニング方法
目的 LRG阻害剤が、これらの疾患の急性期(発症期や急性増悪期等)の治療剤または予防剤として提供する。
効果 疾患の急性期における治療および/または予防のために使用される物質の治療または予防薬をスクリーニングすることができる。
技術概要
ロイシンリッチα2グリコプロテイン(LRG)に結合することができる試薬を含む、肺間質の疾患の疾患活動性を判定するための判定剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT