起立式防水板装置

開放特許情報番号
L2020002292 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2020/10/29
最新更新日
2020/10/29

基本情報

出願番号 特願2005-311650
出願日 2005/10/26
出願人 株式会社イトーキ
公開番号 特開2007-120081
公開日 2007/5/17
登録番号 特許第4731280号
特許権者 株式会社イトーキ
発明の名称 起立式防水板装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 起立式防水板装置
目的 地下への出入口の左右に立設された支柱と起立させた防水板との間の防水性を、2軸式ヒンジによる圧着機構を用いることなく確保してそれを維持することができ、また、分割タイプの防水板であっても中間支柱を要することなく当該分割部位の防水性能の確保とその維持ができるようにした起立式防水板装置を提供する。
効果 地下の出入口の左右側壁面や該出入口に設けた左右の支柱等の防水板受け部に設けた防水ファスナの片側が、当該ファスナに沿って開閉自在設けた耐候性のあるケースなどに収めておくことにより、様々な物の接触などに起因した損傷を受けず、また、風雨や太陽光に曝されないので劣化することもない。
技術概要
防水板がベース部材に対して起伏自在に形成され、かつ、起立した防水板の左右側部が
支柱などの受け部に防水性を保って支持されるようにした起立式防水板装置において、起
立した防水板の左右側端部に縦リブを設けると共に、該縦リブと前記防水板の左右側端部を受ける支柱等の受け部とを、前記縦リブと受け部の全長(高さ)に亘り設けたスライドタイプのライン状防水ファスナにより接合,分離可能に結合するようにしたことを特徴
とする起立式防水板装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社イトーキ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT