トレーカバー付き食品用トレー

開放特許情報番号
L2020002248
開放特許情報登録日
2020/10/21
最新更新日
2020/10/21

基本情報

出願番号 特願2009-108420
出願日 2009/4/6
出願人 磯 邦定、磯 アサ子
公開番号 特開2010-240361
公開日 2010/10/28
登録番号 特許第4457368号
特許権者 磯 邦定、磯 アサ子
発明の名称 トレーカバー付き食品用トレー
技術分野 食品・バイオ、生活・文化、その他
機能 環境・リサイクル対策、安全・福祉対策、その他
適用製品 食品を衛生的に取り扱い機能的に管理する。
目的 トレーカバー付き食品用ケース、食品を取り出すため、蓋の上に取り付けたトングを引き抜くと蓋が開き簡単に食品を取り出せる、取り終わったらトングを元の鞘に戻すと蓋が自然に閉まる。
効果 食品を衛生的に管理し、お客様が気軽に取り出せ、売り上げも増加につながる。
又パンなど一個一個ラップ包をやめればコストが掛らなくなり、プラゴミもなくなります。
技術概要
トングの重量を利用し、個定した鞘からトングを出し入れすることによりケースの蓋を自然に開閉させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 拝啓
 下記のアイデア、トレー付きカバー付き食品用ケース、を提案させて頂きます、よろしくお願い申し上げます。

【アイデェアのポイント】
 食品用ケースの、蓋の上に取り付けた。トングを引き抜くとウエイトが軽くなり蓋が開きトングを差し込むと蓋が閉まります、トングの抜き差しで蓋の開閉が出来るようにした。(試作品が有り)

【発想の動機】
 スーパーやパン屋さんに買いに行くと、揚げ物・焼き鳥・巻き寿司・サラダ・その他の惣菜・パンなどは一個一個ラップで包み展示しており、(ラップ包はコストが掛る、又プラごみが発生する)今日のコロナ渦において、安価で衛生的にプラゴミはなくしたい。そのような現実を見てトレーカバー付き食品用ケース(こんな物が有ればいいな)と考案しました。


【市場調査】
 現在揚げ物・焼き鳥・巻き寿司・サラダ・パンなどそのまま展示又は一個一個ラップ包展示は、(コストがかかりプラゴミ発生)周囲のスーパーやパン屋さんを調べた結果、一部の店ではトレーに蓋がしてありましたが(手で蓋を開くものです)お客様は面倒くさいようです。そして前記のように蓋を開くケースですと売り上げが20%〜30%落ちると言う店もあります。店頭、現場の従業員の方も蓋付き食品用ケース
のような物が有ればいいなと思っています。
ぜひご検討頂きまして、製造販売の可否をご返事頂ければ幸いです。
よろしく御検討の事お願い致します。


お忙しい折、ご一読、誠にありがとう御座いました。
敬具

登録者情報

登録者名称 磯 邦定

技術供与

技術指導 【可】
技術指導料 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT