鉄道用直流き電システム

開放特許情報番号
L2020002247
開放特許情報登録日
2020/10/23
最新更新日
2020/10/23

基本情報

出願番号 特願2018-556765
出願日 2017/12/15
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 WO2018/110706
公開日 2018/6/21
発明の名称 鉄道用直流き電システム
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 直流き電システム
目的 エアセクション前後のトロリ線において電位差を小さくすることができ、エアセクションを鉄道車両が走行しても大きな火花を飛ばすことのない技術の提供。
効果 エアセクション前後で異なる変電所から給電されているトロリ線においてエアセクション両側のトロリ線の電位差を従来より確実に小さくすることができ、エアセクションを鉄道車両が通過する場合の火花発生を抑制できる。
技術概要
沿線に沿って配置された複数の変電所に接続されるき電線と、前記き電線に対し任意の間隔毎にき電分岐線を介し接続されたトロリ線とを備えた鉄道用直流き電システムであって、
前記変電所から前記き電線を介しトロリ線に至る路線の途中部分に前記路線と並列に超電導き電ケーブルが接続された鉄道用直流き電システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT