温度推定方法

開放特許情報番号
L2020002236
開放特許情報登録日
2020/10/23
最新更新日
2020/10/23

基本情報

出願番号 特願2018-026241
出願日 2018/2/16
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-144018
公開日 2019/8/29
発明の名称 温度推定方法
技術分野 情報・通信、輸送
機能 検査・検出
適用製品 浮上案内コイル装置の温度を推定する温度推定方法
目的 浮上案内コイルに温度センサを新たに取り付けることなく既存の設備を用いて浮上案内コイル装置の温度を容易に推定する温度推定方法を提供する。
効果 浮上案内コイルに温度センサを新たに取り付けることなく既存の設備を用いて浮上案内コイル装置の温度を容易に推定することができる。
技術概要
磁気浮上式鉄道車両に推進力を与える推進コイル装置と、磁気浮上式鉄道車両に浮上力及び案内力を与える浮上案内コイル装置と、を備える磁気浮上式鉄道用の地上コイル装置における浮上案内コイル装置の温度を推定する温度推定方法において、
推進コイル装置は、
複数の第1推進コイルと、
第1通電部と、
複数の第2推進コイルと、
を有し、
浮上案内コイル装置は、
複数の第1浮上案内コイルと、
複数の第2浮上案内コイルと、
を有し、
温度推定方法は、
(a)第1通電部により複数の第1推進コイルに第1交流電流を通電して第1磁界を発生させるステップ、
(b)(a)ステップを行って第1磁界を発生させることにより複数の第1浮上案内コイル及び複数の第2浮上案内コイルを介して複数の第2推進コイルに誘導される電位又は電流の第1波形を測定するステップ、
(c)(b)ステップで測定された第1波形に基づいて、複数の第1浮上案内コイル及び複数の第2浮上案内コイルの第1平均温度を推定するステップ、
を有する、温度推定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT