モニタリング装置及び これを用いた見守りシステム

開放特許情報番号
L2020002219
開放特許情報登録日
2020/10/20
最新更新日
2020/10/20

基本情報

出願番号 特願2019-117205
出願日 2019/6/25
出願人 公立大学法人秋田県立大学
公開番号 特開2020-107307
公開日 2020/7/9
発明の名称 モニタリング装置及び これを用いた見守りシステム
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 モニタリングする装置及びモニタリング対象体に関する監視技術
目的 見守り対象者がRFIDタグを装着することによる苦痛や違和感を感じることがない状況の自律判定が可能な見守りシステムの提供。
効果 モニタリング対象体の見守りや監視を行う際に手間、時間がかからず、安価で正確な管理が可能となる。
技術概要
モニタリング対象体が存在するモニタリング環境部位内に配置された暗号識別が可能なRFIDタグと、
このこの暗号識別が可能なRFIDタグへ特定の周波数の電波を送信するとともに、前記RFIDタグから返信される電波を受信するリーダライタと、
前記リーダライタと前記RFIDタグとの交信状態又交信が遮断された遮断状態を判断し、前記モニタリング対象体の状態をパターン認識で個々のタグを判別する判別装置と、からなることを特徴とするモニタリング装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT