連続光障害を発生する植物に対する植物栽培方法及び植物栽培装置

開放特許情報番号
L2020002210
開放特許情報登録日
2020/10/15
最新更新日
2020/10/15

基本情報

出願番号 特願2014-046986
出願日 2014/3/10
出願人 岡山県
公開番号 特開2015-167544
公開日 2015/9/28
登録番号 特許第6244574号
特許権者 岡山県
発明の名称 連続光障害を発生する植物に対する植物栽培方法及び植物栽培装置
技術分野 食品・バイオ、機械・加工
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 連続光障害を発生する植物に対する植物栽培方法及び植物栽培装置
目的 連続光障害を発生する植物に対して連続光を与え続けても、連続光障害を発生することなく、生産量を増大させることのできる植物栽培方法及び植物栽培装置を提供する。
効果 連続光障害を発生する植物に対して連続光を与え続けても、連続光障害を発生することなく、生産量を増大させることのできる植物栽培方法及び植物栽培装置が提供される。
技術概要
連続光障害を発生する植物に対して24時間を1周期とする概日リズムを与える植物栽培方法であって、
前記概日リズムが、前記植物に対して主光源による連続光を24時間照射しながら更に青色光源からなる補助光源による光を1〜23時間連続照射し、その後前記補助光源による光を照射しないものであることを特徴とする植物栽培方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT