ホクベイコメクイゴミムシダマシ検出用オリゴヌクレオチド

開放特許情報番号
L2020002207
開放特許情報登録日
2020/10/16
最新更新日
2020/10/16

基本情報

出願番号 特願2019-220812
出願日 2019/12/6
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2020-103278
公開日 2020/7/9
発明の名称 ホクベイコメクイゴミムシダマシ検出用オリゴヌクレオチド
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 食品害虫ホクベイコメクイゴミムシダマシ検出用オリゴヌクレオチドおよびホクベイコメクイゴミムシダマシの検出方法
目的 食品害虫であるゴミムシダマシ科ホクベイコメクイゴミムシダマシを検出するためのオリゴヌクレオチドを開発し、ホクベイコメクイゴミムシダマシを正確かつ迅速に、しかも低コストで検出できる検査系を確立すること。
効果 ホクベイコメクイゴミムシダマシを検出するためのオリゴヌクレオチドセット、検出用キット、検出方法が提供される。従って、ホクベイコメクイゴミムシダマシを正確かつ迅速に、しかも低コストで検出できるので、食品の管理や保証に活用することで品質の信頼性を強化できる。
技術概要
ホクベイコメクイゴミムシダマシのミトコンドリアDNAの特徴的な塩基配列を含む、2種以上のオリゴヌクレオチドから構成される、ホクベイコメクイゴミムシダマシ検出用オリゴヌクレオチドセット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT