屋外・道路用空気清浄機

開放特許情報番号
L2020002178
開放特許情報登録日
2020/10/16
最新更新日
2020/12/14

基本情報

出願番号 特願2020-158066
出願日 2020/9/23
出願人 石原 浩行
発明の名称 屋外・道路用空気清浄機
技術分野 機械・加工、土木・建築、生活・文化
機能 環境・リサイクル対策、洗浄・除去、その他
適用製品 屋外構築物、道路構築物、ガードレール、フェンス、屋外看板、空気清浄フィルター、空気清浄機、道路粉塵収集機
目的 大気汚染が問題化されるなか、汚染の進行が早く、未だ解決の兆しが見えていない現状である。車両や工場等から排出される有害化学物質や道路粉塵は、その量も多く、風に舞うのみで自然消滅は難しい状況にある。そのため、人為的にそれらを収集することが必要になってきている。
効果 有害化学物質や道路粉塵等が多く発生する道路(道路脇)等に設ける空気清浄機であり、これの活用により大気汚染、環境問題の解決に向けて前進させる。有害化学物質や道路粉塵を収集することにより、空気を清浄できる。また、本発明品を普及させることは、環境問題に関する啓発に直結しており、その相乗効果が望める。
技術概要
道路フェンスやガードレール等の構築物や地面に設置、又は構築物と一体化とした屋外用空気清浄機であり、本体にフィルターを装着し、汚染空気をフィルターで清浄するもの。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 要相談

アピール情報

導入メリット 【新規参入】
改善効果1 【環境保全】有害化学物質や道路粉塵等が多く発生する道路(道路脇)等に設ける空気清浄機であり、有害化学物質や道路粉塵を収集することにより、空気を清浄するものである。
改善効果2 【啓発活動】本製品を道路等に設置すること自体が公衆の目に付く啓発広告になるため、環境問題に関する啓発に直結しており、その相乗効果が望める。
改善効果3 【予算余剰金の有効活用】国や自治体の予算で、「余剰金が出たら余剰金の分だけ採用していただく」として、予算調整用としての採用がしやすい。
アピール内容 事業化に向けては3種類が想定されます。【1.販売】製品(本体、フィルター)として販売します。「顧客自身で既存の道路構築物に本体を取り付けていただく方法」又は「構築物と一体化したものを販売・設置する方法」。【2.レンタル】製品(本体、フィルター)をレンタルとして貸し出します。フィルターは「備品として長期間使用」でも「消耗品として短期間使用」でも設定できます。【3.事業契約、役務提供】例として「空気清浄を1000万円分する」という契約をし、本製品を使用します。契約期間中は、フィルター交換、洗浄、管理をすることになります。

登録者情報

登録者名称 石原 浩行

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
追加情報 空気清浄フィルターに強みのある企業様にお薦めです。事業化に向けては、「1.販売」「2.レンタル」「3.事業契約」の3種類あります。「何れか1つの方法に絞る」若しくは「組み合わせ(併用)」も出来ます。場合によっては「4.自社のみで使う」でも良いです。
Copyright © 2020 INPIT