飲料用ペットボトルの改良キャップ

開放特許情報番号
L2020002174
開放特許情報登録日
2020/10/16
最新更新日
2020/10/16

基本情報

出願番号 特願2020-158063
出願日 2020/9/23
出願人 石原 浩行
発明の名称 飲料用ペットボトルの改良キャップ
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策、機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 飲料用ペットボトルのキャップ
目的 飲料用ペットボトルの内容物を飲むに当たって、開栓した後のキャップの置場に戸惑うことも多い。流通量が多いことから、個人のみならず国内で発生しているロスは甚大と考えられる。同時にこれは、キャップやペットボトルに対する不快感の量でもある。また、キャップ置き場に苦慮したり、キャップを地面に落とした際に、容器本体への注意力が散漫となり、容器本体の内容物をこぼしたり、容器本体すらも落としてしまうアクシデントも発生する。これらの簡易的改善及びより高感度を与えるキャップに改良することで流通量の向上を図ることを目的とする。
効果 キャップ置き場に戸惑ったり、キャップを紛失したりという状況を回避できる。また、キャップに出っ張りがあるため、より開封がし易くなる。更に質素なキャップに少しのアクセントを持たせることにより、コスト的に安価であっても高級感を持たせることができる。
技術概要
キャップ部分に出っ張りを設け(オス側)、本体容器部分に窪みを設ける(メス側)ものである。ペットボトル飲料を飲むときには、キャップの出っ張りを本体容器の窪みに装着し、一時的に一体化することが出来るものである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 要相談

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 キャップ置き場に戸惑ったり、キャップを紛失したりという状況を回避できる。また、キャップに出っ張りがあるため、より開封がし易くなる。更に質素なキャップに少しのアクセントを持たせることにより、コスト的に安価であっても高級感を持たせることができる。
改善効果2 流通量が多いため、少しの改善で大きな効果を得ることが出来る。
アピール内容 キャップ部分に出っ張りを設け(オス側)、本体容器部分に窪みを設ける(メス側)もので、ペットボトル飲料を飲むときに、キャップの出っ張りを本体容器の窪みに装着し、一時的に一体化することを可能とした改良を加えたキャップです。内容物を飲むときに、キャップ置き場に戸惑ったり、キャップを紛失したりという状況を回避することができます。また、キャップに出っ張りがあるため、より開封がし易くなります。更に質素なキャップに少しのアクセントを持たせることにより、コスト的に安価であっても高級感を持たせることができます。流通量が多いため、少しの改善で大きな効果が期待できます。

登録者情報

登録者名称 石原 浩行

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
追加情報 広告型ウェブサイトを立ち上げ予定であり、製品普及に際しては優先広告も検討します。また、各種団体にも宣伝の協力依頼も行います。大々的に事業活動いただける企業様を募集します。
Copyright © 2020 INPIT