鍵生成装置、中間暗号化装置、委託暗号化装置、復号装置およびそれらのプログラム、ならびに、個人情報保護システム

開放特許情報番号
L2020002169
開放特許情報登録日
2020/10/14
最新更新日
2020/10/14

基本情報

出願番号 特願2016-004327
出願日 2016/1/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-126851
公開日 2017/7/20
登録番号 特許第6700797号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 鍵生成装置、中間暗号化装置、委託暗号化装置、復号装置およびそれらのプログラム、ならびに、個人情報保護システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 鍵生成装置、中間暗号化装置、委託暗号化装置、復号装置およびそれらのプログラム、ならびに、個人情報保護システム
目的 属性ベース暗号の暗号化処理の一部を外部に委託することにより、ユーザ端末の負荷を軽減するとともに、外部でデータの改ざんが行われた場合でも、それらを検出し復号できなくすることが可能な属性ベース暗号システムを提供する。
効果 属性ベース暗号に使用する公開鍵と秘密鍵とを生成することができる。このとき、公開鍵としてハッシュ関数を公開するため、データの暗号側と復号側とで、ハッシュ値を用いた証明書により、データ改ざんを検出することが可能になる。
技術概要
属性ベース暗号の公開鍵および秘密鍵を生成する鍵生成装置と、
鍵生成装置で生成された公開鍵を用いて、属性ベース暗号によるデータの暗号化処理の一部を行う中間暗号化装置であって、
データ入力手段と、
ポリシー入力手段と、
中間暗号化データ生成手段と、
証明書付与手段と、
データ関連付け手段と、を備えた中間暗号化装置と、
中間暗号化装置によって属性ベース暗号の一部が処理された残りの暗号化処理を行う委託暗号化装置であって、
暗号化データ生成手段と、
データ関連付け手段と、を備えた委託暗号化装置と、
鍵生成装置で生成された公開鍵および属性付き秘密鍵を用いて、中間暗号化装置および委託暗号化装置で暗号化された暗号化データを復号する属性ベース暗号の復号装置であって、
ポリシー判定手段と、
証明書を検証する証明書検証手段と、
データ復号手段と、を備えた復号装置と、を有するシステムにおける鍵生成装置であって、
公開鍵生成手段と、
マスタ鍵生成手段と、
秘密鍵生成手段と、
属性関連付け手段と、
を備えることを特徴とする鍵生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT