照明システム

開放特許情報番号
L2020002164
開放特許情報登録日
2020/10/14
最新更新日
2020/10/14

基本情報

出願番号 特願2015-245995
出願日 2015/12/17
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-111994
公開日 2017/6/22
登録番号 特許第6703397号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 照明システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 眩しさを軽減しつつ被写体を照明する照明システム
目的 放送中継の際、被写体の眩しさを低減できる照明システムを提供する。
効果 プロジェクタが被写体の瞳に強い光を投射しないので、被写体の眩しさを低減することができる。
技術概要
被写体が含まれる瞳検出用映像を撮影する瞳検出用カメラと、前記瞳検出用カメラで撮影された瞳検出用映像の顔領域から瞳位置を検出する瞳検出装置と、前記瞳検出装置で検出された瞳位置がマスクされた瞳マスク画像を生成する瞳マスク画像生成装置と、前記瞳マスク画像生成装置が生成した瞳マスク画像を前記被写体に投射するプロジェクタとを備える照明システムであって、
前記瞳マスク画像生成装置は、
前記瞳検出装置から前記顔領域のサイズが入力され、入力された前記顔領域のサイズと予め設定された標準顔のサイズとの比に応じて、瞳マスクのサイズを算出する瞳マスクサイズ算出手段と、
前記瞳検出装置から瞳位置が入力され、入力された前記瞳位置を基準として、前記瞳マスクサイズ算出手段で算出されたサイズの瞳マスクが描かれた前記瞳マスク画像を、生成する瞳マスク画像生成手段と、
を備え、
前記瞳検出用カメラは、前記プロジェクタと光軸が一致するように設置することを特徴とする照明システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT