超伝導複合量子計算回路

開放特許情報番号
L2020002151
開放特許情報登録日
2020/10/9
最新更新日
2020/10/9

基本情報

出願番号 特願2018-191287
出願日 2018/10/9
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 特開2020-061447
公開日 2020/4/16
発明の名称 超伝導複合量子計算回路
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 超伝導複合量子計算回路
目的 量子ビット間の相互作用または漏話を抑制できる超伝導複合量子計算回路を提供する。
効果 量子ビット間の相互作用または漏話を抑制できる。
技術概要
量子ビットと前記量子ビットの状態を観測する観測電極とを含む回路素子の配線パターンと、接地電位である接地パターンとが基板表面に形成され、前記基板表面のうちの第1面に形成される前記接地パターンと、前記第1面の裏面である第2面に形成される前記接地パターンとを基板内部において接続する貫通電極を備える回路基板と、
前記回路基板の前記第1面に形成される前記接地パターンに接する第1接触部と、前記第1面に形成される前記配線パターンの形状に応じた形状の第1非接触部とを備える第1接地電極と、
前記回路基板の前記第2面に形成される前記接地パターンに接する第2接触部を備える第2接地電極と、
を備える超伝導複合量子計算回路。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT