収音構造

開放特許情報番号
L2020002139
開放特許情報登録日
2020/10/12
最新更新日
2020/10/12

基本情報

出願番号 特願2018-042326
出願日 2018/3/8
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-158422
公開日 2019/9/19
発明の名称 収音構造
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 騒音を収音装置によって収音する収音構造
目的 模型車両又は移動体の下部から発生する騒音を高精度に収音することができる収音構造を提供する。
効果 模型車両又は移動体の下部から発生する騒音を高精度に収音することができる。
技術概要
模型車両と模擬地面との間に気流を流したときに、これらの間から発生する騒音を収音装置によって収音する収音構造であって、
前記模擬地面の下方で前記収音装置を収容する収容部と、
前記収容部を塞いだ状態でこの収容部の内部に前記騒音を透過させる騒音透過部と、
を備える収音構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT