音声合成装置および音声合成方法

開放特許情報番号
L2020002134 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2020/10/9
最新更新日
2020/10/9

基本情報

出願番号 特願2016-088798
出願日 2014/3/12
出願人 ヤマハ株式会社
公開番号 特開2016-136284
公開日 2016/7/28
登録番号 特許第6323491号
特許権者 ヤマハ株式会社
発明の名称 音声合成装置および音声合成方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 音声合成装置および音声合成方法
目的 利用者に自然な感じを与えるような、具体的には、利用者に対して好印象や悪印象などを与えることが可能な音声合成装置および音声合成方法を提供する。
効果 入力された音声信号による問いに対して、音声合成される回答に、不自然な感じが伴わないようにすることができる。また、回答には、人による声のほかにも、「ワン」(bowwow)、「ニャー」(meow)などの動物の鳴き声も含まれる。
技術概要
音声信号による問いを入力する音声入力部と、
前記問いのうち、特定の第1区間の音高を解析する音高解析部と、
前記問いに対する回答を取得する取得部と、
取得された回答のうち、特定の第2区間の音高を、前記第1区間の音高に対して所定の関係にある音高となるように変更して出力する音声合成部と、
を具備し、
前記第1区間は、前記問いの語尾であり、
前記第2区間は、前記回答の語頭であり、
前記所定の関係は、協和音程の関係である、
ことを特徴とする音声合成装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 弊社HPでの情報公開
https://research.yamaha.com/ja/technologies/heartalk/

登録者情報

登録者名称 ヤマハ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2020 INPIT