重金属個別分離回収装置及び重金属個別分離回収方法

開放特許情報番号
L2020002101
開放特許情報登録日
2021/1/8
最新更新日
2021/1/8

基本情報

出願番号 特願2015-079333
出願日 2015/4/8
出願人 古河機械金属株式会社
公開番号 特開2016-198703
公開日 2016/12/1
登録番号 特許第6517570号
特許権者 古河機械金属株式会社
発明の名称 重金属個別分離回収装置及び重金属個別分離回収方法
技術分野 化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 重金属を含む酸性坑廃水中の重金属を個別に分離し、回収する処理の分野
目的 酸性坑廃水中の重金属を個別に分離し、リサイクルしやすい形で回収することで殿物の減容化を図る重金属個別分離回収装置及び重金属個別分離回収方法を提供する。
効果 酸性坑廃水中の重金属を個別に分離し、リサイクルしやすい形で回収することで殿物の減容化を図る重金属個別分離回収装置及び重金属個別分離回収方法を提供することができる。
技術概要
重金属を含有する坑廃水に硫化剤及び凝集剤を添加して銅を回収すると共に二次坑廃水を得る銅回収部と、
前記二次坑廃水をオゾンによって酸化して三次坑廃水を得る酸化反応部と、
前記三次坑廃水に中和剤を添加してpH4〜5に調整することで鉄及びマンガンを回収すると共に四次坑廃水を得る鉄マンガン回収部と、
前記四次坑廃水に中和剤を添加してpH9〜10に調整することで亜鉛を回収すると共に、銅、鉄、マンガン、及び亜鉛が除去された五次坑廃水を得る亜鉛回収部とを有することを特徴とする重金属個別分離回収装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT