複相熱電変換材料

開放特許情報番号
L2020002033
開放特許情報登録日
2020/12/11
最新更新日
2020/12/11

基本情報

出願番号 特願2010-075825
出願日 2010/3/29
出願人 古河機械金属株式会社
公開番号 特開2011-210870
公開日 2011/10/20
登録番号 特許第5922323号
特許権者 古河機械金属株式会社
発明の名称 複相熱電変換材料
技術分野 電気・電子、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 熱エネルギーを電気に、または電気を熱エネルギーに直接変換できる複相熱電変換材料
目的 比較的高い温度、例えば200℃以上の中高温領域での使用できる熱電性能が優れた複相熱電変換材料を提供する。
効果 広い温度範囲で熱電性能が優れた熱電変換材料が提供される。
技術概要
ハーフホイスラーの結晶構造を有する複数種類の相からなり、第1の相と、前記第1の相とは異なる種類の第2の相との体積比率が、65:35〜50:50の範囲内であり、前記第1の相が、(Ti↓(0.33)Zr↓(0.33)Hf↓(0.33)Ta↓(0.01)Ni↓1Sn↓1で表される構造を有し、前記第2の相が、(Ti↓(0.76)Zr↓(0.12)Hf↓(0.12)Ni↓1Sn↓1で表される構造を有する複相熱電変換材料。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT