マグネシウム合金の表面処理方法

開放特許情報番号
L2020001989
開放特許情報登録日
2020/10/21
最新更新日
2020/10/21

基本情報

出願番号 特願2004-306026
出願日 2004/10/20
出願人 古河機械金属株式会社
公開番号 特開2006-117988
公開日 2006/5/11
登録番号 特許第4541100号
特許権者 古河機械金属株式会社
発明の名称 マグネシウム合金の表面処理方法
技術分野 金属材料
機能 表面処理、材料・素材の製造
適用製品 マグネシウム合金の成型部材の機械的性質、特に疲労強度を向上させるための表面処理方法
目的 マグネシウム合金で製造された多種類の成型部材に対して、成型部材表面の侵食を抑制しながら、高効率に疲労強度を向上させることのできるマグネシウム合金の表面処理方法を提供する。
効果 汎用されているマグネシウム合金で製造された多種類の成型部材に対して、成型部材表面の侵食を抑制しながら、高効率に疲労強度を向上させることができる。
技術概要
マグネシウム合金の成型部材を金属酸化物または金属水酸化物のコロイド溶液に浸漬し、成型部材表面と超音波発振部端面とが接触しないよう離隔した状態で、成型部材に対して超音波を印加することによって成型部材の最表面にMgを含む金属酸化物を主とした表面皮膜を形成することを特徴とするマグネシウム合金の表面処理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT