環境振動測定方法、環境振動測定装置及び環境振動測定プログラム

開放特許情報番号
L2020001962
開放特許情報登録日
2020/10/7
最新更新日
2020/10/7

基本情報

出願番号 特願2019-104560
出願日 2019/6/4
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2020-046417
公開日 2020/3/26
発明の名称 環境振動測定方法、環境振動測定装置及び環境振動測定プログラム
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 環境振動測定方法、環境振動測定装置及び環境振動測定プログラム
目的 建築構造体の被覆材を剥がすことなく、被覆材の共振特性に影響を受けずに基体の環境振動を簡易に測定可能とする。
効果 建築構造体の被覆材を剥がすことなく、被覆材の共振特性に影響を受けずに基体の環境振動を簡易に測定することが可能となる。
技術概要
センサが内蔵された振動ピックアップを用いて建築構造体の振動を測定する環境振動測定方法であって、
前記建築構造体が、基体と、前記基体の表面に被覆された被覆材と、を有し、
前記被覆材上に前記被覆材よりもばね定数が小さい介挿部材を配置し、
前記介挿部材を介して前記基体から伝達される振動を前記振動ピックアップで測定し、
前記振動ピックアップの測定結果を前記介挿部材の共振特性に基づいて補正することで、前記基体の振動加速度あるいは振動加速度レベルを求める
ことを特徴とする環境振動測定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT