濾過装置

開放特許情報番号
L2020001958
開放特許情報登録日
2020/10/7
最新更新日
2020/10/7

基本情報

出願番号 特願2019-018927
出願日 2019/2/5
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2020-124686
公開日 2020/8/20
発明の名称 濾過装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 濾過装置
目的 水を再利用可能としながら外部動力を必要とせずに原水の濾過を行う濾過装置において、原水に含まれる固体成分が堆積することによる処理能力の低下を抑える。
効果 水を再利用可能としながら外部動力を必要とせずに原水の濾過を行う濾過装置において、原水に含まれる固体成分が堆積することによる処理能力の低下を抑えることが可能となる。
技術概要
下部に処理水を排出する排出部を有すると共に内部に処理前の原水を貯留可能な原水貯留空間を有する貯水容器と、
前記貯水容器の内部空間を前記原水貯留空間と濾材が収容されると共に前記排出部に接続された濾材収容空間とに区画する区画壁と、
前記濾材収容空間に収容される濾材と
を備え、
前記区画壁は、水平方向に液体を通過可能であると共に、前記貯水容器の前記内部空間を水平方向に前記原水貯留空間と前記濾材収容空間とに区画する
ことを特徴とする濾過装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT