マグネシウム二次電池用の負極材、マグネシウム二次電池

開放特許情報番号
L2020001956
開放特許情報登録日
2020/10/7
最新更新日
2020/10/7

基本情報

出願番号 特願2019-025322
出願日 2019/2/15
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2020-135981
公開日 2020/8/31
発明の名称 マグネシウム二次電池用の負極材、マグネシウム二次電池
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 マグネシウム二次電池用の負極材、およびその負極材を用いたマグネシウム二次電池
目的 ハロゲン化物イオンを含む電解液を使用しなくても、室温で、過電圧が低く、放電容量が大きく、かつ高電圧で高エネルギー密度の充放電が可能であるマグネシウム二次電池を提供する。
効果 ハロゲン化物イオンを含む電解液を使用しなくても、室温で、過電圧が低く、放電容量が大きく、かつ高電圧で高エネルギー密度の充放電が可能である。
技術概要
マグネシウムを含むマグネシウム材と、前記マグネシウム材の少なくとも一方の表面を被覆する被覆層とを有し、
前記被覆層が、塩素、臭素およびヨウ素からなる群より選ばれる少なくとも1種のハロゲンと、マグネシウムとを表面に有する炭素質材料粒子を含むマグネシウム二次電池用の負極材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT