二液相分離装置

開放特許情報番号
L2020001915
開放特許情報登録日
2020/9/25
最新更新日
2020/9/25

基本情報

出願番号 特願2017-083525
出願日 2017/4/20
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2018-176126
公開日 2018/11/15
発明の名称 二液相分離装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 それぞれの相の液体を他の容器に払出すことができる二液相分離装置
目的 二液相分離された各相の溶液の払出しにあたって、ポンプなど溶液を強制的に外部に払出すための能動機構が不要であり、払出時に各種能動制御が不要な、二液相分離装置を提供する。
効果 界面位置を適切に調整出来ることにより、適切な上相液厚さが保持され、上部払出管への下相溶液の流出および下部払出管への上相溶液の流出を防止できる。
技術概要
上部に上相溶液払出管が取り付けられ、底部に下相溶液払出管が取り付けられ、外部から供給される二液相混合溶液を貯留するための溶液静置タンクと、前記上相溶液払出管からオーバーフローによって払出される上相溶液を貯留するための上相溶液タンクと、前記下相溶液払出管から重力によって払出される下相溶液を貯留するための下相溶液タンクと、前記下相溶液払出管の途中に流体的に接続された前記溶液静置タンクの垂直方向に上下移動可能な山なり管、を備えていることを特徴とする二液相分離装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT