軸受異常判定装置

開放特許情報番号
L2020001902
開放特許情報登録日
2020/9/25
最新更新日
2020/9/25

基本情報

出願番号 特願2018-053810
出願日 2018/3/22
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-168227
公開日 2019/10/3
発明の名称 軸受異常判定装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 鉄道車両に搭載される軸受異常判定装置
目的 軸受異常判定装置において、軸箱体上のA列軸受及びB列軸受のそれぞれの直上に加速度センサを設置して測定及び検出精度を向上させると共に、省電力化を実現することができる軸受異常判定装置を提供する。
効果 A列軸受又はB列軸受のうち、いずれの振動データを取得するか決定する軸受選択手段を備えているので、同時にこれらの加速度センサを稼動させる場合に比べて消費電力を抑制することができると共に、測定データを格納する記憶領域の容量を低減することができる。
技術概要
鉄道車両の軸受を構成するA列軸受およびB列軸受のそれぞれの振動データを計測する第1の加速度センサおよび第2の加速度センサを備える振動取得部と、
前記鉄道車両の速度データを取得する速度取得部と、
前記振動データと前記速度データに基づいて前記軸受に異常が生じているかを判定する異常判定部と、を備え、
前記異常判定部は、前記A列軸受又は前記B列軸受のうち、いずれの振動データを取得するか決定する軸受選択手段を備えることを特徴とする軸受異常判定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT