LATS2変異疾患のための分子標的及びその利用

開放特許情報番号
L2020001860
開放特許情報登録日
2020/10/1
最新更新日
2020/10/5

基本情報

出願番号 特願2019-191790
出願日 2019/10/21
出願人 愛知県、学校法人順天堂
発明の名称 LATS2変異疾患のための分子標的及びその利用
技術分野 その他
機能 その他
適用製品 LATS2がん遺伝子変異が原因となる腫瘍を持つ患者で、従来の標準治療やがん免疫療法が奏功しない患者が対象となる。SMG6を標的とした新たな薬剤の開発が期待される。
目的 主にアスベスト曝露で発症する悪性中皮腫の新規の治療標的の探索
効果 LATS2がん抑制遺伝子は、悪性中皮腫はじめ、前立腺がん、非小細胞肺がんで遺伝子変異により不活性化することが知られている。本発明では、悪性中皮腫をモデルとして利用し、LATS2とSMG6の共発現抑制が合成致死表現型を示すことを明らかとした。すなわち、LATS2遺伝子を有するがん細胞において、SMG6の発現あるいは機能を抑えれば、がん細胞を死滅させることが可能である。
技術概要
 
悪性中皮腫の原因遺伝子として、LATS2遺伝子の合成致死パートナー遺伝子としてSMG6を同定し、LATS2変異疾患の治療法的として利用するもの。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 愛知県

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT