抽出剤及び抽出分離方法、並びにN,N,N’,N’’−テトラキスエチレンジアミン誘導体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2020001854
開放特許情報登録日
2020/9/16
最新更新日
2020/9/16

基本情報

出願番号 特願2007-210038
出願日 2007/8/10
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2009-040751
公開日 2009/2/26
登録番号 特許第5317256号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 抽出剤及び抽出分離方法、並びにN,N,N’,N’’−テトラキス(2−メチルピリジル)エチレンジアミン誘導体及びその製造方法
技術分野 有機材料、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 3価マイナーアクチノイド元素を抽出可能な抽出剤及び抽出分離方法、並びにN,N,N’,N’テトラキスエチレンジアミン誘導体及びその製造方法
目的 優れた分離性能を発揮することができる抽出剤及び抽出分離方法、並びにN,N,N',N'−テトラキス(2−メチルピリジル)エチレンジアミン誘導体及びその製造方法を提供する。
効果 ピリジル基末端に炭素数が2〜20のアルコキシ基を導入することにより、抽出剤の疎水性が向上するとともに酸性度の高い領域においても高い分離性能を発揮することができる。
技術概要
下記一般式(I)
【化1】

(式中、R↑1〜R↑4は炭素数が2〜20のアルコキシ基を示す。)で表されるN,N,N',N'−テトラキス(2−メチルピリジル)エチレンジアミン誘導体を含有する抽出剤。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT