熱物性測定装置

開放特許情報番号
L2020001852
開放特許情報登録日
2020/9/16
最新更新日
2020/9/16

基本情報

出願番号 特願2007-036462
出願日 2007/2/16
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構、京都電子工業株式会社
公開番号 特開2008-202960
公開日 2008/9/4
登録番号 特許第4812026号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 熱物性測定装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 広い温度域での熱物性の測定を容易にする熱物性測定装置
目的 広温度帯域で光学素子の交換をすることなく、熱物性の測定が可能な熱物性測定装置を提供する。
効果 広温度帯域で光学素子の交換をすることなく、熱物性の測定が可能な熱物性測定装置を提供することができる。
技術概要
レーザフラッシュ法において、
試料よりの放射光を波長域に対応して複数の分岐光に分岐するビームスプリッタと、
それぞれの分岐光に対応して配設された、波長感度の異なるセンサと、
を備えた熱物性測定装置であって、
上記試料からの放射光の波長域を、試料温度域に対応させた、所定の温度以下と以上で使用センサを切り替える切り替え手段を備えた熱物性測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT