磁気ヒートポンプ装置の設計方法及び製造方法

開放特許情報番号
L2020001842
開放特許情報登録日
2020/9/14
最新更新日
2020/9/14

基本情報

出願番号 特願2018-092728
出願日 2018/5/14
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-199970
公開日 2019/11/21
発明の名称 磁気ヒートポンプ装置の設計方法及び製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 磁気熱量効果に基づく磁気ヒートポンプ装置の設計方法及び製造方法
目的 磁気熱量効果によって生成される温度差と、磁気ヒートポンプ装置を冷凍装置として使用した場合の冷凍能力と、を両立させることができる磁気ヒートポンプ装置を提供する。
効果 磁気ヒートポンプ装置において、磁気熱量効果によって生成される温度差と、磁気ヒートポンプ装置を冷凍装置として使用した場合の冷凍能力と、を両立させることができる。
技術概要
第1位置に移動可能に設けられ、且つ、磁場を発生する磁場発生部と、
前記磁場発生部が前記第1位置に移動されている時に前記磁場発生部と第1空隙を挟んで第1間隔で対向する継鉄部と、
前記第1空隙に設けられ、且つ、前記磁場発生部が前記第1位置に移動される際に、温熱又は冷熱を発生する熱発生部と、
を備えた磁気ヒートポンプ装置の設計方法において、
(a)前記磁場発生部が前記第1位置に移動されている時の前記第1空隙における第1磁束密度を算出し、算出された前記第1磁束密度と前記第1間隔との積である第1パラメータを算出し、算出された前記第1パラメータと前記第1磁束密度との相乗平均である第2パラメータを算出するステップ、
(b)前記第1間隔を変更しながら前記(a)ステップを繰り返すことにより、前記第2パラメータが最大となるときの前記第1間隔である第2間隔を取得するステップ、
(c)前記(b)ステップにて取得された前記第2間隔に基づいて、前記第1間隔の設計値を決定するステップ、
を有する、磁気ヒートポンプ装置の設計方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT